※当公演は新型コロナウイルスの影響による施設の一時閉館に伴い、延期させていただくことになりました。

「へそで、嗅ぐ」リーディング公演延期のお知らせ

トリコ・A『へそで、嗅ぐ』ワークインプログレス公演

ワークインプログレスとは、創作の過程を公開する手法です。 2020年8月に上演予定の『へそで嗅ぐ』の一部をリーディング上演し、 来場者からのご意見・質問をお受けします。

photo by Narihiro Matsumoto

脚本:山口茜、ドラマトゥルク:ウォルフィー佐野
出演:豊島由香 福角幸子 高杉征司 芦谷康介 達矢 佐々木ヤス子 中筋捺喜 温井茜

 

「私には鼻がない。だから匂いは、へそで嗅ぐ。」

人間は、情報の80パーセントを視覚で判断しているらしい。ところが視覚で判断する際に重要となるのはそれ以外の感覚器官だそうだ。つまり、匂いや音や手触りを通じて目で捉えることが決まり、その「見えたこと」を通して情報を認識するということだ。
人は見た目が9割、なんていう本も出るけど、その見た目の受け止め方が人によって違うということ。つまり同じ情報に当たっても、受け止める身体によって全く違う認識になるのだということ。だとしたら、なぜ私たちは「人によって受け止め方が違う」ということが受け入れがたいのだろう。「普通こうするよね!」と友達と盛り上がり、異質なものを排除してしまうのはなぜなのか。同時に、あまりに身体的にかけ離れた人のことは、いないとばかりに生活をしてしまう。同じでない、と思うからだ。でも、そもそも全員が同じでないのだ。こういうことを、一度戯曲にまとめたいと思い、執筆を開始することにした。ドラマトゥルクとして、サックス奏者のウォルフィー佐野さんをお迎えしようと思っている。理由は、持っている肉体は私とかけ離れているが、話がとても弾んだから。

 

【日時】
2020年3月14日(土)14:00開演 13:30受付開始&開場

 

【会場】
茨木市市民総合センター(クリエイトセンター)・2階 多目的ホール
〒567-0888 大阪府茨木市駅前四丁目6番16号

 

【料金】
1,000円(全席自由)

※就学前のお子様はご遠慮ください

 

【チケット予約】
2020年1月17日(金)受付開始
https://ws.formzu.net/fgen/S54052233/

※当日精算のみ
※上演時間は60分程度を予定しています

 

また、その公演に付随して、一般の方にご参加いただけるワークショップを開催します。

 

◆リーディングワークショップ「演劇上演台本を口に出して読んでみる」
日時:2020年3月14日(土)10:00-12:45
会場:茨木市市民総合センター(クリエイトセンター)・3階 304号室
〒567-0888 大阪府茨木市駅前四丁目6番16号

内容:『へそで嗅ぐ』を教材として、戯曲の読み方を探求していきます。
講師:山口茜

料金:2,000円(定員20名)

申込:2020年1月17日(金)受付開始
https://ws.formzu.net/fgen/S99329271/

 

※参加者は、トリコ・A演劇公演ワークインプログレス「へそで嗅ぐ」(入場料1000円)を無料で鑑賞できます。